ARK: Survival Evolved[PS4]

Date: 2018-01-04 11:35

Video «Ark survival of the fittest ios»

ダグ  PC版の開発当初から構想がありました。Xbox Oneで先にプレビュー版をリリースしたのは、ソニー(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のポリシーの問題があったからです。ソニーには、プレビュー版やアーリーアクセスに値するものがなく、リリースが遅れました。ですが、Xbox Oneのプレビュー版が非常に好調で評価も高かったため、ソニー側がそれを踏まえ、譲歩してくれたのでPS9のデジタル版(海外)を先にリリースできました。

ARK:Survival Evolved (PS4)攻略wiki | 総攻略ゲーム

 今回お借りするレンタルサーバーは、ゲーム専用にサービスを行っている海外のレンタルサーバー『NITRADO』です。『NITRADO』は、ゲームサーバーとアプリケーションホスティングの分野ではトップクラスのプロバイダー。手頃な価格で質の高いサービスを提供してくれます。

Argentavis - ARK_Survival_Evolved Wiki*

セドリック  このゲームはつねに、変化を続けているゲームです。コミュニティからフィードバックをいただいて細かな修正を行い、その声に応え続けるようにしています。最近のアップデートでは、“Ragnarok”という無料のマップをダウンロードコンテンツ(以下、DLC)として実装しました。このDLCは、“Sponsored Mod Program”と呼ばれるクリエイター支援プログラムを使って、契約クリエイターが制作しているものなので、非常にハイレベルな内容に仕上がっています。コミュニティからも、ものすごくいいフィードバックを得られています。

ARK: Survival Evolvedの協力プレイレビュー | PS3/PS4二人で協力プレイ

 PS9版『ARK: Survival Evolved(アークサバイバルエボルブド)』みなさん楽しめているでしょうか。公式サーバーで遊ぶ場合、さまざまな人がそこで遊んでおり気の知れた仲間だけがいるわけではありません。色々な不満もあるのではないでしょうか。

「Continue」をクリックすると、「チャージしてください」と表示されます。そうなんです。『NITRADO』はチャージ式です。この点も、『NITRADO』をオススメするポイントの一つです。チャージした分しか使うことができませんので、いろいろな不安に悩む必要がありません。

セドリック  ユーザーコミュニティからの多くのリクエストをいただいて作ったのが、ユニコーンです。いろんな恐竜がいますが、ユニコーンを実装しようとは、考えもしませんでした。これに関しては、ユーザーの人数を増やす云々ではなく、コミュニティが欲しい物を形にしたかったので加えました。

ARK(アーク)はやり込み要素かなり多いので

・おもしろそうな記事
・お役立ち情報
・各恐竜のテイム(餌の好物)

などの情報ももりもり書いていくので今後もよかったら見てください!

セドリック  シングルプレイで、恐竜のテイム(捕獲)の方法を覚えてほしいです。テイムは、恐竜だけではなく、資源の確保にも大きく関わってくるので、まずはシングルプレイでゲームのさまざまな基礎知識を把握しましょう。ゲームに慣れてきたら、PvEサーバーに移動してほかのユーザーと交流しながら、建築や恐竜のテイム、洞窟探索、ボス討伐などを楽しんでください。もっと刺激がほしくなったら、PvPサーバーへ行くといいですね。ここでは、ほかのユーザーへの攻撃が許されているので、よりスリリングなサバイバルを楽しめます。また、PvPサーバーでは生物の交配が頻繁に行われています。なぜかというと、野生の恐竜は、レベル上限が設定されていて、成長に限界があります。しかし、交配を行って赤ちゃんから育成すると、レベル上限のキャップが外れ、より強い恐竜をゲットすることができます。

セドリック  さっきダグが言ったとおり、このゲームは現実社会にとても似ています。食物や資源を集めて自分の言い値で買ってもらうなど、社会のひとつの縮図を体験できます。最近では、各サーバーの小さなトライブが集結して連合軍のようなものを作り、侵略にやってくるトライブに対抗する、という動きもあります。そのときどきの流行や楽しみかたが変化していくのも、『 ARK 』のおもしろいところだと思います。もちろん『 ARK 』には、トライブどうしの戦いだけではなく、さまざまな遊びかたが用意されているので、自分のプレイスタイルに合った楽しみを模索してほしいです。

セドリック  世界観に関しては、思いついたものをすべて詰め込みました。アーリーアクセス中に、コミュニティからさまざまな意見を聞き、不満の多かった要素を徐々に削ぎ落としながら、ユーザーの求める作品に仕上げました。コミュニティからは、結果的に取り下げることになった機能やコンテンツもあったものの、「とにもかくにも、まず制作してくれた、その熱意に感謝する」といったようなポジティブなフィードバックも得られました。

«Ark survival of the fittest ios » in images. One more Image «Ark survival of the fittest ios».